nomimono

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

メーザの概念を基礎

1905年

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)が光の粒子性の概念を提案する。
1917年

アインシュタインが誘導放出の可能性を理論的に明らかにしたのがレーザーの可能性の始まり。
1924年

メートル法実施。
1953年

ジョン・フォン・ノイマン(Johen von Neumann)が半導体で光増幅が出来ることを発表。
1954年

チャールズ・タウンズ(Charles Townes)のグループが波長1.25cmを発生させるのに成功する。
この装置はメーザー(Microwave Amplification by Stimulated Emission of Radiation)と呼ばれる。
1958年

メーザの概念を基礎として、タウンズとシャロウ(A.L.Shawlow)は光で誘導放出をする事で、更に波長を短くする可能性を明らかにする。
※これがレーザー(Light Amplification by Stimulated Emission of Laser)としての始まり。
1960年

セオドア・メイマン(Theodore H. Maiman)がルビーを使ってレーザーポインター 超強力を実現する。

日本ではカラーテレビの本放送開始。
1962年

半導体レーザーが誕生する。200mw 安全鍵付き レッドレーザーパワーボインター
1965年

最初の半導体レーザーが市販される。
1979年

第16回国際度量衡総会(CGPM)にて、最大視感度に対し標準比視感度が定められる。
1982年

★8月17日
オランダの総合電機メーカーであるフィリップス社の工場で、コンパクトディスク(CD)の生産がスタートされる。
1985年

AlGaInP系の可視光半導体レーザーが発表される。
1985年~

コンパクトディスク(CD)やレーザープリンター用の半導体レーザーの生産が爆発的に伸びる。
※上記の様な製品や光通信の研究の発展に伴い、半導体レーザーが進歩していく。
※この半導体レーザーを一般用途で応用したのがレーザーポインターである。
1980年後半

赤色のレーザーポインターが登場する。
当時は赤色の670nmの波長で、形状はペンタイプでも今よりもかなり太く、価格は数万円もした。
1990年前半

赤色のレーザーポインターが市販される。

1990年代中盤

日本でも女子高生の三種の神器とまで言われるほど、一般消費者に浸透し始める。
1990年後半

悪意を持って使用する者が続出し、野球の試合中や競馬のレース中に妨害行為を働くという事件が世間の話題を集め始める。
1997年

小中学生で眼の中にレーザー光を入れて我慢比べの様な遊びをしている内に、眼を損傷し、視力の低下や網膜熱傷などの後遺症が残る様な深刻な事件にまで発展してしまう。
2000年

当時の通商産業省(以下、通産省)がレーザーポインターの実態調査並びに規制の為の評議会を発足させる。
★12月15日
通産省が販売・提供する18の事業者団体にレーザーポインターの販売などの自粛を求める要請文を送る。
2001年

★1月26日1000mW 超高出力ブルーレーザーポインター
経済産業省(旧・通産省、以下、経産省)にてレーザーポインタを消費生活用製品安全法(以下、消安法)施行令の特別特定製品として規制対象となる事が決定される。
★1月31日
レーザーポインターの安全を取り締まる目的の消安法が官報にて公布、即日施行される。
★2月28日
レーザーポインターの安全を取り締まる目的での、消安法の販売に係る規制が施行される。
☆これにより、1mW以上の出力をもつレーザーポインターは市場から排除される事になる。
☆同時にこの前後でプロジェクターが爆発的に普及し始め、パワーポイントなどのPCソフトを使用したデジタルプレゼンテーション(以下、プレゼン)が一般化されてくる。
☆またプロジェクターの輝度などの性能が向上し始めた事もあり、出力制限がある中、同じ出力でもレッドレーザーよりも視認性が高いグリーンレーザーポインターが注目され始める
☆更にユニバーサルな観点からも、グリーンレーザーポインターは万人に対して視認性が高い事が評価され始める。

『強力レーザーポインター』の条件とは?

3000mw超高出力、超強力レーザーポインター 高出力防水 瞬間焼跡 焦点調整可能 ledライト機能搭載 充電器付き ,マッチ、タバコを燃やしやすい ピント調整可能。

単色性は素晴らしいです。レーザーの波長は一致であり、一束の波長の差異はただ千万の一です。

懐中電灯 使用の際、以下の点にご注意:

使用しないときは電源オフの状態にすること。
人の目に向けてライトを点灯させないこと。
ライトが薄暗くなってきた場合は充電すること。
一度の充電につき、ハンドルは同じ方向にすること。
使用する度に1分程度充電すること。
3か月に一度、1分以上の充電を行なうこと。

url/:

http://www.wholesalejp.com/c-3/p-1491.html

http://www.tonoblog.jp/blog/xiaodeng/?entry_id=1668774

http://www.toma.jp/blog/nomimono/?entry_id=1668785

 


  1. 2014/8/30(土) 14:18:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
 X 閉じる